TOP > 巣鴨信用金庫について > 信用金庫と銀行との違い

巣鴨信用金庫について

巣鴨信用金庫における接客の基本

銀行だけでなく、信用金庫が必要なわけとは・・・。

世界に誇る日本の自動車産業を、高度な技術力によって支えている多くの下請け企業に象徴されるように、企業数で1割にも満たない大企業と、大多数を占める中小企業とが、車の両輪となって日本経済を支えています。そして国は、銀行には大企業を中心とする産業界を支援して国内経済の活性化に貢献することを期待する一方で、信用金庫を含む地域金融機関には、中小企業を中心とする地域の資金需要に応え、地域社会の活性化に貢献することを期待しています。

ところで皆さんは、信用金庫が非営利法人であるということはご存知でしょうか?

信用金庫法には、「地域で集めた資金を地域の中小企業と個人に還元することにより、地域社会の発展に寄与する」ということが設立の目的として書かれています。したがって、信用金庫と銀行との違いをご覧いただくと分かるように、信用金庫には融資先や営業地域に制限が設けられており、銀行のように全国から預金を集めて、巨大な利益を生み出すような大企業のプロジェクトに集中的かつ効率的に投資を行うといったことができない仕組みになっています。つまり信用金庫は、銀行とは比較にならないほど“非”効率的で、“大きな利益が望めない”仕組みになっているわけです。

非営利法人と言っても、利益には法人税が課せられますし、税制的にも軽微な優遇措置を受ける程度です。それでもあえて“非営利法人”と法律に明記して様々な制限を設けているのは、“晴れの日ばかりでなく、たとえ土砂降りの日でも常に地域のお客様に寄り添い、利益追求を第一の目的とせず地域のための金融機関としての役割を全うする”という使命があるからにほかなりません。

「地域のお金を地域のために使う」ということは、皆様の預金を、たとえば今、一時的な不振に陥っている地元企業に立ち直っていただくために役立ていただくというようなことであり、あるいはまた、大きな夢を描いて地元で新しく会社を立ち上げようとしている若い起業家のために役立たせていただくことです。

中小企業の経営は景気動向の影響を受け易く、良い時もあれば、悪い時もあります。利益追求を一番の目的とする金融機関であれば、良い時に近づき、悪くなったら遠ざかるというのが賢明な経営判断かもしれませんが、地元で頑張っている企業を、悪くなるたびに見捨ててしまったり、地域に芽生えた新たな可能性を大切に育てていかなければ、地域社会は確実に衰退していきます。

地域の発展と豊かな暮らしの実現という“大局”を見据えながら、「私たちがやらずに誰がやる」という気持ちで、そうしたことを損得抜きで行う金融機関──それが信用金庫がなくてはならない理由であると、私たちは考えます。

信用金庫と銀行との違い信用金庫と銀行との違い

会員制の協同組織で、会員の出資金や預金を原資として事業資金等を提供する信用金庫の仕組みについては、“仲間でお金を出し合って資金を融通し合う日本古来の庶民金融”がそのルーツとされています。

信用金庫の中には、極めて過酷な金融事情のもとで資金の調達に困窮し、「晴れの日ばかりではなく、こういう“土砂降り”の日にも傘(救いの手)を差し出してくれる金融機関があれば」と願う地元の人々によって設立された例は少なくありません。そのような信用金庫が設立の理念として掲げたのが、「“困った時はお互いさま”だから、地域の皆で助け合って何とかしよう」という「相互扶助の精神」です。

戦後、信用金庫法の制定後に設立されたところも含めて、信用金庫はこの理念と“土砂降りの日にも傘を差し出す金融機関”であることを自己のアイデンティティとし、誇りとして活動してきました。

法律における「信用金庫」と「銀行」との主な相違点

区  分 信用金庫 銀  行
根拠法 信用金庫法 銀行法
設立目的 国民大衆のために金融の円滑を図り、
その貯蓄の増強に資する
国民大衆のために金融の
円滑を図る
組織 会員の出資による協同組織の非営利法人 株式会社組織の営利法人
会員(組合員)
資格
住所または居所を有する者
事業所を有する者
勤労に従事する者
事業所を有する者の役員
〈事業者の場合〉
従業員300人以下
または資本金9億円以下の事業者
なし
業務範囲
(預金・貸出金)
預金は制限なし
融資は原則として会員を対象とするが、
制限付きで会員外貸出もできる
(卒業生金融あり)
制限なし

※社団法人 全国信用金庫協会ホームページより抜粋

看板のない営業店バーチャル営業店営業の一日