TOP > お客様とともに > 巣鴨信用金庫における接客の基本

お客様とともに

信用金庫は、常に地域とともにあり、地域経済の発展と豊かな暮らしの実現を応援していくことを期待されている、特別な金融機関です。したがって、お取引のあるなしに関わらず、私たちにとって地域の方々は皆、お客様です。路地裏の隅々にまで足を運ぶような地道な活動の中でお客様の様々な悩みや課題、あるいは“夢”を伺い、地域全体に張り巡らせた地縁・人縁のネットワークを通じて、金融面のみならず非金融面のお手伝いをします。

そして私たち巣鴨信用金庫の仕事は、常に“ホスピタリティの精神”でお客様に接し、信用金庫の理念を愚直に実践する信用金庫人として、私たちに課せられた使命を果たし、皆様のご期待にお応えしていくことです。

巣鴨信用金庫における接客の基本

巣鴨信用金庫では、数ある金融機関の中からわざわざ巣鴨信用金庫を選んで取引していただいたお客様と、末永いお付き合いをさせていただくことを前提に、“何かあれば一番先にご相談いただける”ような、頼りにされる存在となることをめざして、日々の活動を続けています。そして“ご連絡を受けたら、すぐさま駆けつける”──私たちは“ファーストコール・ファーストアンサー”と名付けて励行しています。

皆様も自転車やバイクで街中を走り回る姿を見受けられたことがあるかと思いますが、担当する地域の街角でお客様と目と目が合えばご挨拶をし、笑顔を絶やさないこと。営業係は、訪問先ではお客様の靴も揃えて差し上げること。店頭の窓口係は立ち上がって笑顔でお客様をお迎えすること──。お客様のご相談にお応えできるよう、しっかりと勉強して専門知識やスキルを蓄えていくことも大事ですが、ホスピタリティを実践する巣鴨信用金庫では、当金庫ならではの接客マナーをきちんと身につけることから“スタート”します。

営業店の店頭では、地域のお客様の誰もが気軽に立ち寄って、つい長居もしてしまうような、ホッとする「また来たい店づくり」を進めています。「ようこそいらっしゃいました」という気持ちでお客様をお出迎えし、ご来店されているお客様への「気配り」「目配り」「心配り」を欠かさず、常にお客様目線のホスピタリティ溢れる接客応対を心掛けています。わざとらしさがなく、お客様に本当に「来て良かった」「相談して良かった」という心地の良い“余韻”が残るような応対を、全ての職員が接客の基本として心掛けています。

看板のない営業店バーチャル営業店営業の一日