TOP > 職員とともに > 人事に関する取り組み

職員とともに

巣鴨信用金庫がめざす“ホスピタリティ”の領域は、もちろん“職員”にも及びます。私たちは、人事・教育制度や福利厚生制度など制度面はもとより、仕事面や生活面における職員の不安を払拭し、それぞれが仕事にやりがいを感じ、自分の夢に向かって着実にキャリアを積み重ねながら、生き生きと働くことのできる職場づくりに努めています。

人事に関する取り組み

巣鴨信用金庫では男女を問わず、全ての職員に適材適所で能力を十分に発揮してもらえるよう、充実した人事制度や教育研修制度を整備しています。人事考課や給与・賞与制度については、業績だけではなく、日頃の気配りや心配りなど、巣鴨信用金庫の企業文化への貢献にも重点を置いた、多面的な評価制度を導入しています。若手の支店長や女性の管理職も次々と誕生しており、職員全員がモチベーションを高めながら、安心してキャリアを形成していける体制が整備されています。

また、巣鴨信用金庫では定年まで勤めていただく終身雇用を基本としています。充実した研修制度と福利厚生制度の中で、職員全員が安心して働けるよう、「勤めて良かった」と思っていただける職場づくりに努めています。

教育研修に関する取り組み教育研修に関する取り組み

巣鴨信用金庫には「挨拶とマナーは全ての業務に優先する」という言葉があります。私たち金融機関が取り扱っている商品はどこもほとんど同じです。それでも、多くのお客様が数ある金融機関の中から巣鴨信用金庫を選んで取引してくださるのは、私たち職員の挨拶やマナーを非常に高く評価してくださっているからです。挨拶とマナーは信頼関係構築の第一歩。新入職員は入庫前研修(2月に5日間実施※2017年実績)で、この「すがものマナー」や「お客様応対の基本」を身につけ、4月の入庫を迎えます。

入庫後の教育研修制度は、「配属店におけるOJT」と、「本部による集合研修」の二本柱で構成されています。配属店では「OJTトレーナー」といわれるマンツーマンで実務を教えてくれる先輩職員がつき、現場で実践的に学びながら、本部では表のような充実した研修プログラムが整備されており、職員の成長を、配属店と本部の両方で全面的にサポートしていきます。



新入職員の育成・研修スケジュールについて

巣鴨信用金庫では、全ての新入職員が営業店に配属され、原則、入庫2年間で融資・預金・営業の全ての業務を経験していただく育成スケジュールとなっています(2017年度入庫者より)。入庫時の所属は、支店の環境等に合わせて融資スタートコース、預金スタートコースに分かれ、最初の1年間は融資・預金業務を経験していただきます。

2年目は原則、年間を通して営業係(訪問活動)を経験していただき、お客様と積極的にコミュニケーションを取る力・提案力を身につけていただきます。その為、1年目の後半は、営業係となる準備期間として、融資・預金業務の復習をしながら先輩営業課員との同行訪問や、本部主催の営業事務研修やロールプレイング研修など、新任営業係をサポートする研修を受講していただきます。

ホスピタリティ溢れる人柄に、お客様の心に響くマナーと、しっかりとした金融知識を身に着け、お客様に喜んでいただける職員へ育成していくのが巣鴨信用金庫の育成・研修プログラムです。(※この育成スケジュールはモデルケースであり、支店環境等によっては2年目も融資業務・預金業務の担当となる場合もあります。また、3年目以降は、個々の適性に応じた所属となります)

研修スケジュール

研修スケジュール

福利厚生に関する取り組み福利厚生に関する取り組み

巣鴨信用金庫では、縁あって巡り合った職員を、家族同様に考える 「大家族主義」を創業時以来の企業文化としてきました。家族であれば、現役時代はもちろん、定年後も充実した人生を送っていただきたいのは当然です。そのような企業文化から、下記のような充実した休暇制度や福利厚生制度が整備されています。

休暇制度

休暇制度

年次有給休暇半日有給休暇/連続休暇

年次有給休暇半日有給休暇/連続休暇

結婚休暇

結婚休暇

お子様の看護休暇/産前産後休業・育児休業制度/介護休業制度

お子様の看護休暇/産前産後休業・育児休業制度/介護休業制度

リフレッシュ休暇/保存休暇

リフレッシュ休暇/保存休暇

福利厚生制度

福利厚生制度

全営業店に食堂完備

全営業店に食堂完備

社宅制度

社宅制度

育児短時間勤務制度

育児短時間勤務制度

職員用住宅貸付制度/クラブ活動

職員用住宅貸付制度/クラブ活動

山中湖の保養所

野球部

サッカー部


看板のない営業店バーチャル営業店営業の一日