概要と沿革

巣鴨信用金庫の概要

名称

すがもしんようきんこ
巣鴨信用金庫 (THE SUGAMO SHINKIN BANK)

所在地

〒170-8477
東京都豊島区巣鴨2丁目10番2号
電話 03-3918-1131(代)

創立

1922年(大正11年)4月4日

理事長

田村 和久

出資金

28億66百万円(2017年3月現在)

金融機関番号

1356

巣鴨信用金庫の沿革

1922年(大正11年)

4月

「有限責任信用組合巣鴨町金庫」創立

1948年(昭和23年)

6月

「有限責任巣鴨信用組合」と名称変更

1949年(昭和24年)

4月

「巣鴨信用組合」と改組改称

1951年(昭和26年)

10月

信用金庫法により「巣鴨信用金庫」と組織変更

1961年(昭和36年)

6月

預金量:100億円達成

1971年(昭和46年)

12月

預金量:1,000億円達成、出資金:772百万円

1973年(昭和48年)

9月

総合オンラインシステム稼動

1975年(昭和50年)

10月

現本店完成

1983年(昭和58年)

12月

預金量:5,000億円達成、出資金:1,963百万円

1984年(昭和59年)

1月

財団法人福太郎奨学財団設立(創立60周年記念事業)

1989年(平成元年)

11月

預金量:1兆円達成、出資金:2,666百万円

1992年(平成4年)

4月

創立70周年

5月

「おもてなし処」スタート

1995年(平成7年)

1月

信金東京共同事務センターのオンラインシステムに加盟

1998年(平成10年)

9月

サービスデスクアフター3 全店実施

1999年(平成11年)

2月

ATM 入出金手数料無料化スタート

7月

国債保護預り手数料の無料化

10月

年金「孫の手サービス」スタート

2000年(平成12年)

5月

ATM 全店365 日稼動スタート

6月

「おもてなし処」信用金庫社会貢献賞受賞

2002年(平成14年)

4月

創立80周年

2003年(平成15年)

12月

豊島区民向け公募債「豊島ふれあい債」取扱い

2005年(平成17年)

2月

年金受給6万件突破

2006年(平成18年)

1月

「がんじがらめの安心口座“盗人御用”」日経優秀製品・サービス賞受賞

11月

文部科学省選定「派遣型高度人材育成協同プラン」で立教大学大学院と連携
いたばし産業見本市に参加

2007年(平成19年)

6月

書籍「ホスピタリティ」発行

8月

年金受給7万件突破

2008年(平成20年)

3月

としまものづくりメッセに参加
お客様サポートセンターを設置

4月

運転経歴証明書所有者専用定期預金「サポート」発売

5月

「振り込め詐欺撲滅キャンペーン」を実施

2009年(平成21年)

2月

第一回すがもビジネスフェア「四の市」開催

6月

43か店舗目となる「新座支店」開設

9月

すがも事業創造センター(S-biz)設立

2010年(平成22年)

4月

豊島区「としまビジネスサポートセンター」開設、
S-bizが運営に参画

12月

子供達のための安心サービス「すがもチビッ子SOS」スタート

2011年(平成23年)

11月

「おもてなし処出前寄稿」開催

11月

「ビジネスネット」開催

2012年(平成24年)

1月

日経金融機関ランキングで2年連続ランクイン

8月

年金受給9万件突破

11月

経営革新等支援機関に認定

2013年(平成25年)

5月

[おもてなし処」ご来場者100万人突破

2014年(平成26年)

4月

すがも創業応援団始動

9月

障害者雇用優良事業所等 厚生労働大臣表彰 受賞

10月

デダロ・ミノッセ国際建築賞 受賞(常盤台支店・志村支店・江古田支店)

2016年(平成28年)

3月

第6回 日本でいちばん大切にしたい会社大賞 実行委員会特別賞 受賞